blog

協会公式ブログ

【症例報告】肩が釘が刺さったように痛い!痺れも酷い!

こんにちは。神奈川県藤沢市の認定講師の小林です。

さて、今回は「釘が刺さったように痛い右肩! 手の痺れも酷い!」と、治療院に行って湿布を貼っていたが、

全然痛みがとれなくてだんだん悪くなり、今回はかなり酷いとご来店した50代男性の事を書いて行きたいと思います。

症例

〈お客様のデータ〉

・59歳・男性・デスクワーク・巻き肩,猫背

右肩から腕を通って、右手首・右親指が痛い、右手首〜右親指は痺れもある状態でのご来店です。

今までも度々痛くはなっていたが、治療院に行って湿布を貼ると治まっていたとのこと。

体の状態の把握

・右肩甲骨内側,上角辺りが釘を刺したように痛い

・右肩甲骨,右肩,右腕,右手首,右親指が痛い

・右肘下辺りから右手首,右親指は痺れが酷い

・肩甲骨外転が大きく巻き肩が強い

仮説

デスクワークで姿勢が悪く、肩甲骨外転.肩内旋が強く痛みが出ている。

そして橈骨神経の圧迫があり痺れか出ている、と仮説を立てました。

 

肩甲骨と橈骨神経の走行を特に意識して施術開始しました。もちろん全身のバランスを考えて施術して行きます。

主な施術箇所

・骨盤 ・背骨 ・肋骨 ・肩甲骨 ・鎖骨 ・肘 ・手首 ・親指

などの施術を行いました。

特に初回は、しっかり施術します。

初回の施術後には、肩の痛みが緩和、腕・親指の痺れもかなり緩和できたようでした。

その後の経過

●2回目ご来店時は、肩こり感はあるが肩の痛みはほぼなくなり、肘下,手首,親指の痺れが3割程度残っている状態でした。

●3回目ご来店時は、肘下から手首の痺れが少し残っている所まで改善しました。

●4回目ご来店時は、肘下から手首までがなんとなく違和感があるかな?くらいの所まで改善しました。

 

「症状が日に日に辛くなっていったので心配していましたが、楽になって良かったです」と大変喜ばれています。

その後のその後の経過

このお客様、肩、手の症状が落ち着いた4回目の施術の際に、股関節の可動域を改善させたところ、自分の体の悪さを理解できたようで

「体悪くなっているんですね! 次回も宜しくお願いします。」と次回予約をして帰られました。

股関節の施術もしっかりできたことで、信頼関係もしっかり増しました。

まとめ

今回は、釘が刺さったかのように肩が痛く、手への痺れもある重症患者さんが改善した話をしました。

そんな私も、パーフェクト整体を始める前だと、腰や肩辺りなら、なんとかそれなりに結果が出ていましたが、

今回のような強い痛みと酷い痺れが改善できたかというと、全く歯が立たなかったと思います。

全身が高いレベルで調整できるパーフェクト整体、施術家にとって本当に価値がある宝物の手法だと思います。

いざと言うときに力になってくれるパーフェクト整体本当に凄いですよ。皆さんもパーフェクト整体を学んで、時間をかけてでも基礎から積み上げて行きましょう!

 

認定講師:小林俊彦