blog

協会公式ブログ

坐骨神経痛の原因特定と治し方

なかなか治らない坐骨神経痛の原因は?

こんにちは、富山の認定講師、吉田大道です。 

病院、接骨院、鍼灸院、整体院、マッサージ店など行脚する方いませんか?自分の考えでは行脚する方は2パターンあると思います。

 パターン1:お試しで行脚するタイプ

 パターン2:本気で探し回っているタイプ

どこに行ってもつらさが解消されないパターン2の方は本当につらいですよね。

この方、当院に来るまでに病院3軒、接骨院1軒、整体院1軒、鍼灸院1軒となんと、6軒も回ったそうです。 

どの院でも、「坐骨神経痛ですね」と言われ、坐骨神経痛の処置をされたが一向に改善しなかったそうです。

  症例:大腿後面の痛み

50代女性

主訴:以前はお尻からのシビレと突っ張った感じがあった。今はお尻の突っ張り感は良くなったけれど、

大腿の裏に突っ張った感じが残って違和感を感じる。

 問診

以前より、マラソン、トレラン(トレイルランニング)と走っていて、痛みが出たとの事。

 トレランは、平地を走るマラソンとは違い、山道のアップダウンが強いコースを走る競技です。

 マラソンよりさらに長い100km走るレースもあるとか。 自分はフルマラソンを1度だけ走った経験がありますがなかなか大変でした。

 そんなフルマラソンよりハードな山道や100kmを走る方、すごいと思います。

 仮説と検査

一般的に「お尻から、太ももの裏にシビレや突っ張った感じがある」と訴えられると坐骨神経痛や梨状筋症候群の症状と考えます。

 施術する前は自分も同じ考えでしたのでどこか取り残しがあるのでは?と考え、

坐骨神経痛、梨状筋症候群の症状で悪さをする関節、筋肉として

 仙腸関節、腰仙関節、梨状筋、大腿方形筋

 を目安に施術しましたが肩透かしをくらいました。

 

自分の手の感覚ではそんなに悪くない感じがしたのです。

 パーフェクト整体を学ぶ前の自分でしたら、手の感覚もわからず、 

ホットパック・低周波・軽くマッサージをしてまた次回にと帰していました。

 しかし、現在はこのままでは症状が回復しない!と判断できるようになったので、

もう一度気を取り戻し全身の検査と施術をしていったところ大腿の裏面で妙な引っ掛かりがあり 

同時に「そこが痛いんです!」との訴えがありました。

原因特定

さて問題です。この時点で何が引っかかっていたのでしょう?

ヒントです。大腿の裏についている筋肉は

 外側広筋、内側広筋、恥骨筋、長内転筋、短内転筋、大内転筋です。

 その他、神経、血管なども通っています。

 筋肉を緩めていると言うけど、坐骨神経痛だから神経が引っかかっていたでしょうか?

 今回はそうではありませんでした。

 

大腿の裏面についている筋肉の停止部を、検査と施術を順番にしていきます。 

外側広筋、内側広筋は浅い筋肉なので触りやすいです。

 再度検査しますがそんなに悪くない感じ。残るところは更に深いところにある内転筋群なので正解は内転筋群です。

 内転筋群は、恥骨筋、長内転筋、短内転筋、大内転筋です。

 確認の為に、起始部にあたる恥骨部を触ると「そこ痛い!」との訴えがありました。

起始部も停止部も痛みの訴えがあるということは、その筋肉に問題があるので、今回の場合は内転筋が悪さをしていると判断できます。

 内転筋群を施術するときは要注意!

ここで異性の内転筋群を施術する際の注意点!

内転筋群の起始部は、先ほども記述しました通り恥骨部に着きますので、何も言わず異性の陰部付近に触るとどうなるか、想像できますよね?

なので、事前にどうして恥骨部を触るのか?を説明をし、触っても良いか?の了承を取ってください。

 女性施術家さんは男性患者さんを施術する際は、大事なものを患者さん自身に避けてもらってください。

 さて、肝心の内転筋を緩めた後はというと

 「今までにないくらいに軽いし、引っかからない!」と満面の笑みで答えてくれました。

 まとめ

今回は、坐骨神経痛と診断され、病院や治療院を行脚しても治らなかった大腿後面の違和感の原因が、内転筋にあったという症例でした。

いかに筋膜を正確に触り分けられるかで、取り残しを発見できるかが決まります。

臨床の参考になりましたら幸いです。

認定講師:吉田大道